スターウォーズ徹底ナビ











スターウォーズリンク
公式ページ
公式ページ(米)
エピソード3公式
Duke's Star Wars HP
スターウォーズでナイト
SWFG
スターウォーズモデルスタジオ
SF ペーパークラフト
No Name Mr.Children
Jun's Star Wars
スターウォーズルーム
スターウォーズファンサイト
スターウォーズ研究誌




楽天市場





Amazon.co.jpアソシエイト





ここを友達に教える
リンクフリー
宣伝用自動リンク
宣伝掲示板


スターウォーズニュース
Yahoo!画像
Google画像検索
goo画像検索
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!動画
Infoseek動画
掲示板検索
ブログ
Amazon
楽天
ヤフオク




遊戯王ネット
愛内里菜ワールド
矢井田瞳らんど
ガンダムSEEDプラネット
機動戦士ガンダムタウン
浜崎あゆみモード
ミスターチルドレン



韓国映画一覧
サッカーリンク
JAL沖縄激安チケット予約
ライブチャットレディ
出会いナビ
株式信用取引
首都圏不動産鑑定士
都内賃貸アパート情報
大塚愛ガイド
質屋さん
アジアニュース速報
ホンダ・中古車販売
高級腕時計
ファイナルファンタジー
スポーツ新聞


不動産ナビ
投資ナビ
旅行ナビ
東京23区ナビ
映画ナビ
都道府県ナビ
スポーツナビ
プログラミングナビ
ゲームナビ
美容ナビ



[無料占い] [無料ゲーム]

スターウォーズ映画一覧
スターウォーズ音楽一覧
スターウォーズゲーム一覧
スターウォーズグッズ一覧
スターウォーズ書籍一覧
スターウォーズ

スター・ウォーズ (Star Wars) シリーズは、ジョージ・ルーカスが暖めていた構想を元に映画化された、スペースオペラの代表作である。映画に登場する人物、メカなどのグッズを製造、発売した初めての映画である。当時、地球とまったく関係ない宇宙を舞台とした映画はスター・ウォーズだけであった。さらにスター・ウォーズに登場する機械は使い古された用に汚してあり、あの黒澤明監督が『この映画は“汚れ”がいいね』と明言したほどである。このように徹底して見た目のリアリティーを追求しており、その手法はCGが多く使われた新三部作でも見ることができる。しかし、第一作目製作当時には予算が少なく、第一作目エピソード4では地球とはまったく関係のない世界であるのに、アルファベットが登場している。(これは旧三部作DVD編集時に変更された)さらに、ジョージ・ルーカス本人は第一作目公開時、スター・ウォーズに対して全く自信が持てず、この作品もこれまでの自分の作品と同じくヒットしないと思い、公開当日にハワイに旅行に出かけている。

製作にあたって、黒澤明監督の隠し砦の三悪人を元にしたとも言われており、特に物語のキーパーソンとなるC-3PO、R2-D2という2体のロボットは隠し砦の三悪人に登場した戦国時代の2人の足軽であるとジョージ・ルーカス自身が認めている。また、ラストの姫から褒美をもらうシーンも同じである。作品に登場する「ジェダイの騎士」は時代劇の「時代」という言葉から転じたものとされる。さらに、オビ=ワン・ケノービ役とダース・ヴェイダー役で三船敏郎に出演依頼がありながら、三船が断ったのもよく知られた逸話である。

スター・ウォーズは今日に至るまで多くの映画、SF作品に影響を与え続けており、現在でもスター・ウォーズに出てくる宇宙船や武器、さらにセリフを模倣したものが多く見られ、さらに作中で流れた音楽は今日でも様々なTV番組で時々流れているのを耳にすることができる。

さらに詳しい情報



スターウォーズのファンならでは絶対に持っていたい物です。以前のトリロジーを持っていますが、劇場版、ビデオ版、DVD版のそれぞれの内容やセリフが微妙に変わっていたり、映像がすり替っていたりとなかなか楽しませてくれます。中でもこのトリロジーDVDは映像が無茶苦茶キレイでとても何十年前の映画とは思えないくらいです。 STRAWARST(エピソード3)から見ている世代だけに限らず現代っ子にもぜひ、オススメしたいDVDです。
スター・ウォーズの第2章「クローンの攻撃」DVDです。エピソードT「ファントム・メナス」に続いてこの作品でも素晴らしい映像を楽しめます。何でも、映画を撮る段階からフィルム撮影をせず、デジタル撮影したというのですから、映像の美しさは特筆です。特に、ラストのジェダイ・マスター総出演の争乱シーンはものすごく、必見ですヨ!また、あのヨーダが戦うシーンでは、我が目を疑ってしまいました。ヨーダってホントに強いんだぁ!物語は、クローン戦争へ突入するまでが描かれており、アナキンとパドメとのラブストーリーが展開します。そして、アナキンが徐々にダース・ベイダーに近づいていくのが分かります。いよいよ第3章では、ダース・ベイダー登場か?
アメリカで、1994〜1995年に上映されたイウォーク族の映画が、とうとう日本に上陸!!見どころは,何と言っても、スターウォーズ1の感動傑作!!さらに、今回,ジェダイや帝国軍は、全くで出ないので、スターウォーズではないような気がします。むしろ,イウォークウォーズ?ちなみに作品名は『勇気のキャラバン』『決戦エンドアの森』と言う題名の通り、勇気と感動がひしひしと伝わってきます。そして何と言ってもジョージルーカスが製作総指揮、原案、監督,編集、を全てやっているので、ジョージルーカスそのままの映画がしあがっています。これが、196分のロングストーリー,もう見逃せません。ぜひ見てみてください!!おすすめです。
スターウォーズのエピソード1と2がツインパックで廉価になって登場!買いそびれていた人はこの機会を逃すな!エピソード1も2もだれることなく、スピーディーに物語が進行して行く。このスピード感は、ボーナスディスクでルーカス自身が、意図的に物語の進行がだれないように努めたとあかしている事で納得。2時間があっというまに過ぎてしまう印象。それだけ、余計なカットは省いている事がわかる。エピソード2でアナキンが片手を切られてしまう所は、「帝国の逆襲」のルークと重なり、親子の運命を感じさせます。エピソード3は、アナキンがダース・ベイダーになる話でしょうから、かなり辛い物語になるでしょう。この調子で最初の3作品もDVD化が望まれます。
とうとう、アメリカの話題のアニメ、クローン大戦がDVD化されます。これは、エピソード2から、4か月後から始まり、終わりは、エピソード3に続と言うことなので、ぜひかかさず見てほしいです。しかも、もちろん,日本語吹き替えになっているので英語が苦手な人でも大丈夫です.しかも何と,エピソード3の予告編も付いています。(しかし,エピソード3がDVD化されたら見る意味無いかと・・でもうれしいと思います。)そして新感覚の、”絵” アメリカ風の,アニメの絵の書き方日本と全く違い顔などが縦長だったり、四角だったりとかなり顔が面白い特徴を持っています。さらに、新キャラ『アセージ・ベントレス』や『ダージ』等が出てきます。(スターウォーズの名前ってややこしい名前が多いな〜)スターウォーズファンならぜひ見たい1作品だと思います。
なんと,1985年にアメリカで作られたアニメが2005年とうとう,日本に上陸!!題名は『王子とスペースパイレーツ』 内容は、C-3POとR2-D2は、悪党クレブが経営するカフェに雇われる。そこでウエイターの仕事をするが、あっという間にクビに……。途方に暮れる2人だったが、競りで新しい主人ジャンと出会う。ジャンは弱ったアンドロイドも引き取るが、それはタムザンという星の王子ジュルパだった……と言うストーリー。なんだかスター・ウォーズの世界からはなれているような気がします。まあ,こう言うスターウォーズもいいかと・・・
映画のサントラと言っても、その映画のために作曲され録音された曲すべてがサントラ盤に収録されるわけではありませんよね。しかし、このアルティメットエディション盤はそのすべてを収録しています。はっきり言って、映画より長いです(^^;)気軽に映画のシーンを思い出したり、BGMとして聴こうと思うと、ちょっとかったるいかもしれません。しかし、その曲の内容たるやすばらしいものです。19世紀末のRワーグナーのオペラに勝るとも劣らない、名曲の数々です。スターウォーズファンならずとも、音楽好きは買い!でしょう。
馴染みの深い3部作(スターウォーズ・帝国の逆襲・ジェダイの復讐)の代表的な音楽が収録されています。1曲目の「20世紀フォックス・ファンファーレ」はまるで映画が始まるような雰囲気を盛り上げてくれます。オーケストラの重厚な演奏は、スターウォーズの世界観に深みを与えていると思います。クラシックの作品としても、永遠に残ると信じています。JOHN WILLIAMSの作品はすばらしい!


〜普通のゲームのように自分が主人公となって相手をやっつけて大活躍!みたいなものを想像して始めたんですけど全然違って(^o^)〜〜部隊の単なる一員としてどこまで活躍出来るか!みたいな感じ。すごい地味なんだけどチクチク遊ぶ感がとても面白いです。気負いせずに楽しめるから。ネットに繋いでやってみたんですが(PSX)課金とか無しで遊べるんですね。これは気長に遊べそうな気がします。映像や音はもう言うことないです。凄いです。〜
銀河最強の賞金稼ぎジャンゴフェットになって、二丁拳銃やジェットパックを駆使して数々の賞金首を片っ端から捕まえていくこのゲーム。 ゲーム自体もとても面白いんですが、なんといってもジャンゴのシブさと冷血さがメチャクチャかっこいいです。 それに、ファンの方にはうれしいあのスレーヴ1の起源が明らかに!! ただ難易度がメチャクチャ高いです。 映画「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」を見ていればさらに楽しめること間違いないでしょう。
スターウォーズファンだという人にはたまらないぐらいの作り込みで、自由度はほかのMMORPGとは 比べ物にならないくらいですよ! ただ、他の方がおっしゃってたように少しハードに余裕がないと快適なプレイは難しいかもしれません。 いずれにしても、ハマればやばいゲームということは間違いないですね。
一連のスターウォーズ作品群の知識・論評が膨大な資料をもとに理路整然と述べられているのはもちろんだが、この本はそれだけではない。特筆すべきは日本におけるスターウォーズの系譜を紐解く上で、様々な媒体で同作品群を紹介、また広告宣伝に携わった関係者の生の声を聞かせる事だ。我々が知りえなかったスターウォーズ日本公開の裏話をかくもここまで語り尽くされるとは思ってもみなかった。旧三部作を知る人間にとってはまるで想い出の魔法箱、スターウォーズのニュージェネレーションに対しては目から鱗の落ちる教本となるだろう。
スターウォーズといえば、やはりR2-D2とC-3POのコンビでしょう。このフィギュアは壊しても損はしない値段です。綺麗で丁寧な造りで、スターウォーズファンとしては欠かせない一品でしょう。飾る時は、C-3POのフィギュアと飾ったほうが良いでしょう。しかし箱から出すのが勿体無い〜。
EP2のフィギュアは、ポージングされたものが多かったですが、今回は直立のものが多くて嬉しいですね。ベーシックのフィギュアでのC-3POの中では、過去最高の出来でしょう。HALL OF FAMEのC-3PO(BOX入りコイン付きの再販)よりも格段にプロポーションが良く、特筆すべきは、おなかと股間がボールジョイント的な自由可動になったことです。胴を傾けると、とても3POらしいポーズになります。オレンジカードのC-3POは、ドロイドなのにマッチョな体格してましたが(スポーン全盛期の悪影響!!)、これはこの10年でのフィギュアの進化を堪能できる素晴らしい一体です。








Copyright(C) WebShopNavi