美容外科(びようげか)(Plastic Surgey)は、人体の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す、形成外科の一分野である。形成美容外科とも言われる。この分野の施術は、一般には整形手術、美容整形手術などと言われることが多いが、これは医学的な根拠のない俗称であり、正しくは美容外科手術と呼ぶべきものである。

この分野の施術の多くは、病気の治療ではないため健康保険は適用されず、全額自己負担の自由診療となる。

[目次]
[無料占い] [無料ゲーム]

今日のおすすめ



NYのパークave.で開業している整形外科医の書いた本だから、整形した人が見分けられるかななどと下世話な興味で手にした本でしたが、単なるゴシップではなかった。ミドル以上の真剣に整形を考えてる人にはとてもいいテキストとなるものだし、この医師のように仕事に情熱とプライドと向上心を持っているという姿勢は若者にも是非読んで何かを感じてほしいと思いました。表紙とタイトルにつられたけど、めっけもんでした。

タイトルのおもしろさでつい購入。北里大学病院というのもなんだかよさそうだったし。で、当たり!の本でした。整形には興味がなかったけど、 この本は形の美しさに固執するのではなく、その人が持つ個の美しさを維持する方法について、いろいろ書いてあります。自宅でできる方法としては、洗顔や肌断食の話が目からうろこ!というくらい、そうだったのか!と納得させられたし、コラーゲンやボトックスの知識も、やりかたや費用についても書かれていて親切。いろいろな若返り法については、メリットだけじゃなくデメリットも書かれていて、それが検討するときのとてもいい参考書になりました。

女性誌ではプチ整形情報ってよく見ますが、これだけいろいろな整形の方法が一度に読める本って、超べんり! やっぱり誰でもちょっとは興味あるんじゃないかな、プチ整形。コワイ気もするし、それほど考える必要もない気がするし。ともかくちょっとでも興味があれば、こういうことかぁって納得しながら、いろんなプチ整形を一度に比べることもできるし。プチだけじゃなく、本格的な整形のことも載っているから、こっちもそういう整形もあるんだ、できるんだと興味津々。

美容手術に興味があるのですが、なかなか怖くて悩んでいたときに書店でこの本に巡り合い早速購入しました。大学病院の先生が書かれたということでどうかな、と思いましたが世の中の美容医療の現実がよく分かりました。タイトルからして素人にも分かりやすく、手術のことやレーザーのことなどが説明されていて良かったです。この手の本の中には美容医療の説明の振りをして実は自分の病院の宣伝だったりする本が多いのですが、この本は巻末に病院が紹介されていますが、余り押し付けがましくありません。

なんといっても手術を受けた前後の写真が美容整形外科の広告よろしく載っているのがおもしろい。この写真を何度も眺めたが、整形後は誰が見てもきれいになっていると思う。著者自身も満足しているという。手術にはやはり痛みが伴い、術後の苦労も記してあるが、これだけの「結果」を見せられると心が騒ぐ。本の中では重ねて気軽に整形をしないように釘を刺しているが、やはりこの本を見て整形をしたくなる人は多いのではないだろうか。

美容整形をうけた人たちの、年代と美容整形部位とを分類して、それぞれの料金と時間がわかりやすく解説してます。写真はもちろん、整形した理由やきっかけが載っているのも、ポイントだと思います。整形に興味がある人は、一度読んでみると、いいのではないでしょうか。

著者は美容外科どころか形成外科すらなかった戦直後の日本で、両者の医学としての確立に尽力を尽くしてきた形成外科の草分け的存在である(らしい)。日本の美容・形成外科の成り立ちと技術の進歩が細かに述べられたその文面からは、医学に携わる者としての自負と自信が覗える。また、心の傷を癒すことができるなら、第三者からみればさして必要がないと見えるレベルの美容整形手術であっても立派な医術であるとする考え方には一理あると思う。

美容整形手術を受ける前に読んで欲しい本。重厚長大の著作だが、美容整形がアメリカでもインチキくさい医師によって産業になったことを教えてくれる。そして、そういう医師にすがる患者が急増したのが現代社会であることも明瞭にわかる好著である。

美人とブスは紙一重。天才美容外科医の過激な美人論。 ネガティブ思考の元凶「ブス」とは何か? 「ブス」の対極「美人」とは? ブスは一芸に秀でた天才みたいな存在であり、多くの特典がある! 美容外科界の華岡青洲・ドクター高須の言いたい放題。特別サイバラ漫画収録。
本書は美容外科の宣伝本でも告発本でもありません。美容外科への偏見を取り除き、本来の美容外科のあり方を追究した本です。いま初めて明かされる、美容外科の「真実」!患者本位の立場から、手術の利点と問題点を包み隠さず明らかにする。さらに、女性たちに蔓延する「ヴィーナス・コンプレックス」を解明し、美容外科とどう付き合うかを説く。

最近、美容サイトやTVをつけても、アンチエイジングってことばがはやりの昨今ですが、実際にどんなことをすればいいのかわからないのが一般の人だと思います。医学博士である小室先生が書かれたこの本はそんな疑問にわかりやすく答えてくれています。これからの自分も磨き続けるいいきっかけになりました。
みんな、プチ整形って知ってる?知ってはいても、“プチ整形”といわれるとちょっと不安? 若い女性にとって、今やメイクの延長として捉えられている「プチ整形」。ちょっと不安に感じるプチ整形のシステム、料金、時間などいろんなギモンに答えます。「もっともっとキレイに」を望むすべての女性をナビゲート。
回復までの負担が少なく、比較的気軽にできる美容治療として最近人気の「プチ整形」。自分のチャームポイントをよく観察して、個性をうまく生かしたナチュラルな美しさを手に入れるにはどうしたらいいのか? 専門家が解説。
現代医学に裏付けられた最先端医療のレーザーや内視鏡手術などを駆使し、高度な技術で治療にあたっている「きぬがさクリニック」による美容医療のガイドブック。プチ整形、アンチエイジング、脱毛など、分野ごとに解説する。
形成外科と美容外科はどちらも、どれだけきれいに仕上げるかが大切であり、そのために医者の力量やセンスが必要。美容外科と形成外科の双方の診療を行なっている著者が、学会での最新の話題を自身の考えも加えつつ紹介する。
お医者さんの技術を美容に取り入れたメディカルビューティー、あなたも体験しませんか?この本を読めば、ベストな病院や美容法選び、全身をキレイにする方法がわかります。気になる美容法の値段は?その美容法にリスクはあるの?施術時間や予約混雑状況、アフターケアの方法は?これらの疑問にすべて答えます。 洋服に隠されたプロポーション、メイクの下にある素肌、裸になった全身を美容医療でキレイにするための知識を徹底的に紹介。普通に受ければ100%のところを、120%キレイになるための知識とテクニックを伝授します。
近年、美容整形は女性たちにとってすっかり身近なものとなりました。痛みや傷跡を気にすることなく、自分らしい美しさに表現できる、そんな最先端のスーパーテクニックを紹介する。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク