目次

宮部 みゆきみやべ みゆき1960年12月23日 - )は、日本作家小説家SFミステリ時代小説、社会批判、ジュブナイル(Juvenile = 少年少女もの)の分野で活躍している。なお、生年月日は、彼女と同じくミステリーを手掛ける小説家の綾辻行人と同じである。

プロフィール

本名は矢部みゆき(やべみゆき)。東京都江東区生まれ。東京都立墨田川高等学校卒業。今も下町で部屋を借り、仕事場にしている。大沢在昌の主宰する事務所(大沢オフィス)に所属、京極夏彦もそこに所属しており、三人の姓をとって「大極宮」という。女優の室井滋との交友は良く知られており、2人の対談集も2冊出版されている。

小説を書き始めたのは23歳。法律事務所に勤務しながら、1984年に講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室を受講。山村正夫などに師事。デビュー作といえるのは1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞した短編「我らが隣人の犯罪」だが、1989年2月25日に東京創元社から『鮎川哲也と十三の謎』の第五回配本として出版された『パーフェクト・ブルー』が最初に出版された書籍である。

カルチャーセンターの同じ講座の受講生に、篠田節子がいる。

なお、無類のテレビゲーム好きとしても知られており、TVゲーム『ICO』のノベライズも担当。ゲームの攻略本収集という一風変わった趣味を持っている。『ドリームバスター』などSFものの作品にはゲームの影響があると本人も述べている。

また、2005年夏公開の映画『妖怪大戦争』のプロデュースチーム「怪」の一員でもある。



もっと詳しい説明

一番自分のことを考えてくれている人が誰なのか、素直に考えていれば、これほど悲しむ人が増えることもなかったでしょう。 誰を信じるべきか、誰が自分を騙しているのか、見極める力が必要な時代なんだなと思いました。怖いですね。やはり、親の愛情みたいなものが人格形成において、大変大きな意味を持ち、親と子の愛情、対峙などの経験を持たない人間が多くなりつつある、この世を憂いて止まない気持ちになります。毬子のおじいちゃんが大変魅力的でした。全ての被害者の家族の思いを代弁していたように思います。彼で締めくくる宮部氏には脱帽です。

前半は、誰が犯人なのかもわからないまま時間軸が前後に移動するためとまどいましたが、中盤あたりからピースなる人物の正体が少しずつ見え出して、そうすると前半の猟奇的なシーンの意味もわかり出して、一気に引きずり込まれました。また、生半可に頭がよくていい気になっている奴は本当に頭の切れる奴にいいように操られるという教訓も見えたりして、なんというか、シビアでした。

宮部みゆきのベストセラー小説を、大林宣彦監督が卓越した映像技術と実験的手法によって映像化した会心作である。ひとつ間違えれば映画として成り立たないようなドキュメンタリー的な手法が本作品では功を奏していて、ラストまで全く飽きることはない。村社会が崩壊し、近代社会へとパラダイム転換したとき、核家族化という新たな問題を発生させた現代社会の病的な一面を、社会批判も交えながらしかも大林監督独特のノスタルジックな表現も随所に挿入したダイナミックでデリケートな仕上がりになっている。都市伝説的なラストも、現代社会を風刺しているようでおもしろい。

キングの「ファイアースターター」のコピーといわれてますが、オリジナルなストーリー展開と設定、加えてディーテールで、十分すばらしいお話に仕上がっています。映画版は、小説に比べ、主人公の内面的な葛藤が描かれていませんが、その代わりに、アクションの面では、ビジュアルな分だけ原作よりもスリリングになっています。

おだやかな生活を送っていた男の子に、突然、両親の離婚話がふりかかる。家を出た父を連れ戻し、再び平和な家族に戻りたいと強く願う少年が向かった先は、運命を変えることのできる女神の住む世界「幻界(ヴィジョン)」だった。5つの「宝玉」を手に入れ、女神のいる「運命の塔」を目指す彼を待ち受けるものとは!?トカゲ男にネコ娘、火を噴くドラゴン。コミカルなキャラクター勢とともに、次々と沸き起こるトラブルを乗り越え、少年は強くたくましくなってゆく。

宮部みゆきさんのファンなので、児童向けの文庫?はて?とは思いましたが(笑)試しに買って読んでみて結果オーライでした。 普段の作風とは確かに異なっていて逆にそれも新鮮だったし、でも言葉の端はしに彼女のらしい表現がたくさんあって、純粋に楽しめた作品でした。 双子のイラストもかわいくて、癒し癒しとうたわれるご時世を反映しているが如く、心が癒された超お勧め作品ですね。

天才としか思えない豊かな着想、単なるミステリーを超えた読み手の心を揺さぶる内容、どんな困難な状況下でも人間の善意を信じる姿勢、……などなど、宮部みゆき作品の魅力があますところなく描かれた傑作です。 実在の事件、しかも二・二六事件という有名な事件を背景にして描くことは、我々読み手には想像できぬほどの困難さがあったと思いますが、さすが著者です、それを難なくクリアしています。

哀しい名作。 休職中の刑事が、親戚の若者から頼まれたのは、失踪した婚約者を探すことだった。苦労して婚約者の知り合いを見つけ出して話を聞き、最後に写真を見せると…「別人です。あなたは別人の話をしている」。もはやただの失踪事件ではなくなっていた… カードやサラ金地獄を背景に描かれる、現代の人間の悲劇。 読み終った時、言葉に出来ない割り切れなさを感じた。哀しいようないらだち。それは何だったのか。

ビッダーズショップ売上ランキング

オークション&ショッピング BIDDERS

【楽天市場】PC市場 【楽天市場】DVD市場 【楽天市場】家電市場 【楽天市場】テレビ市場 【楽天市場】インテリア市場 【楽天市場】キッチン・食器市場
【楽天市場】ブランド市場 【楽天市場】時計市場 【楽天市場】スニーカー市場 【楽天市場】コスメ市場 【楽天市場】キッズ&ベビー市場 【楽天市場】お菓子・デザート市場
【楽天市場】自転車市場 【楽天市場】カー用品パーツ市場 【楽天市場】デジカメ市場 【楽天市場】ダイエット市場 楽天ブックストップページ 【楽天市場】焼酎市場
【楽天市場】コレクション市場 【楽天市場】ランキング市場 【楽天市場】ワイン市場 【楽天市場】日本酒市場 【楽天市場】花市場 【楽天市場】ペットグッズ市場

ほんまにうまいスイーツと果物、いっぱいありますよ♪
ほんまにうまいスイーツと果物、いっぱいありますよ♪


「大阪鶴橋産」本格キムチや韓国惣菜を全国にお届けします!3675円以上で送料無料!
「大阪鶴橋産」本格キムチや韓国惣菜を全国にお届けします!3675円以上で送料無料!







Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク