スティーヴン・キングの城




スティーブン・キングDVD
スティーブン・キングリンク
スティーブン・キング研究序説
スティーヴン・キングのページ
10分でわかるスティーブン・キング
スティーブン・キング
ジワタネホ
ショーシャンクの空に
ちびキング
キング堂
公式サイト(英語)
Stephen Edwin King 1947
スティーヴン・キングwikipedia
Addicted to Stephen King
スティーヴン・キング評

スティーブン・キングニュース
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!画像
Google画像
goo画像
Yahoo!動画
infoseek動画
掲示板
ブログ
amazon
楽天
ヤフオク
スティーヴン・キングの本
お知らせ
ここを友達に教える
リンクフリー
自動リンク
宣伝掲示板
スティーヴン・キングの洋書
おすすめリンク
宮部みゆきの庭
アガサ・クリスティー
金田一耕助
シャーロック・ホームズ
宣伝用SEO自動リンク
サッカー日本代表
ドラゴンクエスト
ドラクエ
東洋不動産ニュース
海外旅行ニュース
世界のニュース
不思議ニュース
東京のウィークリーマンション
オートバイ格安販売
抜け道マップ
ドラえもん
東京地図
東京ガイド
任天堂・スーパーマリオ
インターネット新聞
テラシーク
格安航空券
ジョニー・デップ映画
Firefox

スティーヴン・キング作品タイトル一覧
[無料占い] [無料ゲーム]

スティーヴン・エドウィン・キングStephen Edwin King, 1947年9月21日 - )はディーン・R・クーンツと並ぶアメリカのモダンホラー小説家で、世界的なベストセラー作家である。1974年に長編『キャリー』でデビュー。ジャンルはおどろおどろしいホラーであるにもかかわらず、作品には必ず人間味を感じさせる要素を織り込んでいる。ホラーばかりではなく、「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」など人々を感動させる話題作を書くことでも有名である。ちょっと不思議な話も多い。彼の多くの作品が映画化またはTV化されている。

目次

略歴

スティーヴン・E・キング(以下キングと呼ぶ)は、1947年米国メイン州のポートランドで、スコットランドとアイルランド人の祖先を持つ、父ドナルドと母ネリー・ルース・ピルズベリーの間の第2子として生まれる。 幼少期に両親は離婚し、その後キングの母は祖父母の面倒を見ながら働き、兄デイヴィッドとキングの2人を育てあげる。

1966年に高校を卒業後、オロノにあるメイン大学に入学し、1970年に卒業する。 大学2年から学内新聞の「ザ・メイン・キャンパス」のコラムを毎週書くようになる。

キングはタビサ・スプルースと、大学時代図書館でのアルバイト中に知り合い、1971年の1月に結婚する。 結婚してまもない頃、キングは男性雑誌に小説を売り続け、この時代に書かれた短編は、「深夜勤務(原題:Night Shift)」にその他の作品と一緒にまとめられている。

同年の秋、キングはメイン州の公立高校ハンプトン・アカデミーで英語のクラスを教え始める。 この間は、小説は夜間や週末に執筆することで、創作活動を続けていった。

1973年の春に、米国大手出版会社のダブルデイ社が小説「キャリー(原題:Carry)」の出版を引き受けたことで、キングは教職を離れ、小説家として一本立ちする決心をする。

キャリー」は1974年の春に出版され、その後映画化されてヒットする。同年の秋キングはメインを離れ、コロラド州ボルダーに移り住み、一年弱の滞在の間、コロラドを舞台とした「シャイニング(原題 Shining)」を書く。 1975年の夏メイン州に戻り居を構えて、ボルダーを舞台とした「ザ・スタンド(原題:The Stand)」を書き上げる。 「デッド・ゾーン(原題:The Dead Zone)」シリーズもこの時期に書かれる。

キングとタビサの間には3人の子供がいる。名前はナオミ・レイチェル、ジョー・ヒル、オーウェン・フィリップといい、 また現在3人の孫がいる。

映像化作品について

彼の作品の映像化については、デビュー作のキャリーの映画化がヒットして以降、映画では興行成績がふるわないものが多くなり、次々に映像化されるものの非ホラーの「スタンド・バイ・ミー」以外は評価も興行成績も高くないという状況が10年以上続いた。「ミザリー」の高評価で一時見直されたが、やはり当たりはずれがあり、以後映像化された作品については、どちらかというと「ショーシャンクの空に」など非ホラー作品に高評価のものが多い。

作品同士のリンク

「スタンド・バイ・ミー」「クージョ」「ダーク・ハーフ」「ニードフル・シングス」などはキャッスルロックというメイン州にある架空の街を舞台にしており、そのため作品同士がリンクしていることが多い(「スタンド・バイ・ミー」の事件の話が「ニードフル・シングス」の中で言及される、「ダーク・ハーフ」の登場人物が「ニードフル・シングス」に出ている、など)。

そのほかキャッスルロックを舞台にしている作品は多く、リンクしている作品も数多くある。

リチャード・バックマン

別ペンネームリチャード・バックマン名義で、『痩せゆく男』、『レギュレイターズ』などを発表。

キングが別ペンネームのリチャード・バックマンを使った理由は、キングが小説家としてのキャリアをスタートさせた当時、米国出版業界では1人の作家は1年に1冊だけ出版する、という風潮があった。 その頃多作型の作家は、別ペンネームを使うことで年に複数冊の作品を出版していたので、それにのっとりキングもリチャード・バックマン名義を別に使うことで、年に2冊自らの作品を出版しようとした経緯がある。

その他の意図としては、同じ作家が別ペンネームで書いた本がどれだけ売れるかキングが試してみようとした、とも言われている。



もっと詳しい説明


多分男の子なら誰でもが胸の奥がキュンとなる小学校時代の友情物語。ここまで濃かったかどうかは別にして小学校時代の友達は損得考えずに付き合っていたために後で思い出すと本当に懐かしい。(ただその分大人になった後は絶対に会いたくない気がする)この映画に描かれている世界はそういう意味で男性ならば洋の東西問わず理解されると思う。見て号泣するとかそういうタイプの映画ではないが胸に来るものは半端ではない。スティーブン・キングの原作ながらイマジネーションをフル動員しなければ理解できないタイプの作品ではないので、映画化でも質が落ちなかった珍しい作品。

今まで観た映画の中で最も感銘を受けたのが、このショーシャンクの空にです。現在50歳代ですからたくさん観ました。隙のない演出ってこういう映画?(素人なので分からないが)なんかとっても観やすい気がしました。画像の流れが綺麗なんです。テイム・ロビンスの動線もモーガン・フリーマンの動線も、他の囚人たちのも、何かわからないが、シルクの糸ででも引いているような感じがします。高尚な言葉は分からないが、何度でも観たくなる映画です。(実際5回は観ました。)ストーリーの最後は夢がありました。だから惹き付けられたのかな! DVDとしての評価はわからないけどきっと☆☆☆☆☆です。

主人公:ボビー・ガーフィールドの物語を中心として 1960年から1999年までの同一の時間軸の中を生きた人々の群像劇を描いた本作には、過ぎ去っていったかけがえのない少年時代の記憶や、激動のベトナム戦争時代の渦中に居た大学生たちの狂騒にも似た、だけど確かな青春、そしてベトナム戦争というものを経て彼らが何を失っていったのかが描かれています。 本作はラストが秀逸です。この物語は憧憬や無常感といったものを根底に湛えて展開されてゆきますが、その中で描かれてきたものは最終章において結ばれ、そして「魔法」による一つの救済がもたらされるのです。

スティーブン・キングが、「自身の映像化作品の中で、最も優れた映画」と賞賛した、カナダの鬼才デビット・クローネンバーグの傑作。従来の冷徹な眼差しは消え、情緒的で、哀切な世界が展開される。サスペンス・スリラーとしても一級の出来栄えだが、事故の後遺症で、特殊な予知能力を身に付けてしまったばかりに、社会から疎外され、深い悲しみと孤独を背負って生きざるを得ない男の悲哀さが、胸を打つ。エキセントリックで翳がある、内気で優しいキャラクターそのものの、クリストファー・ウォーケンが、絶妙のハマリ役だ。ラスト、ジョニーとサラが交わす、“Good -Bye”“Ilove you”は、何度観ても泣けるシーンだ。

設定が異常(こんな仕事引き受けるやつがいると思えないし、家族もYESなんて 言うわけがない)だが、それを忘れて映画に引きずりこまれるのは、監督の 力量と本当におかしくなったのではと思わせるジャック・ニコルソンの演技のせいだろう。 息子が三輪車で走り回るだけなのに妙にこわかったり、ニコルソンが立ち寄る ホテルのバーがなんともいえないノスタルジックな雰囲気だったりして、 映像ひとつひとつがその辺の凡庸な監督では到底出せない素晴らしいものになっています。 原作者スティーブン・キングにすれば名前と設定だけ借りて別の傑作造られたらおもしろく ないよな、と妙に彼がこの映画を嫌っている気持ちを納得してしまう傑作です。

こんなに面白い怪奇映画は彼の独断場でありこれを理解できないでキングを語るなと言いたい。この桁はずれな発想が後の一般に言われる傑作「グリーン・・・」や「ショーシャンク」を生んでいると思います。監督自信もラストでは御苦労があったと感じましたが・・・ちなみにピエロは実在のモデルが存在していることを付け加えておきます。

オリジナル名は"THE RUNNING MAN"です。 舞台は近未来、テレビ番組で凶悪犯罪者にでっちあげられた者の犯した(捏造された事件)数々の罪を見せ、国民感情をあおる。 国民は囚人との殺人ゲームを賭け事として若者からお年寄りまで楽しむといったまるで、マッドマックスのようなとんでもない世界。 「これは有りえないでしょ!」の連続ですが、アクションは見ごたえ有り。 視聴率のためには人の罪をもいとわない番組のメインキャストに生きて戻った主人公(シュワちゃん)とヒロインは報復に向かうところは痛快です。 有りえないから面白い映画といえます。

サスペンス好きには物足りないかもしれないが、ストーリーも脚本もしっかりしていて見ごたえがあった。 人は誰でも心の奥に『シークレット・ウィンドウ』を持っていて、いつか見るときがある。その窓の外の風景がきれいなものもそうでないものもある。主人公の場合は、妻の不貞への憎悪。彼は作家故に想像をふくらませ、いつか自分の中の醜い部分を増大させていく。私は、できることなら自分にとっての『シークレット・ウィンドウ』は愛に満ちたものにしたい。 配役もよかったと思う。ジョニー・デップはこういった変わり役にちゃんとハマる。だらしなく薄汚くしてても、キレイに見える。

メイン州ルイストンにあるキングダム病院は、約150年前に幼い子供たちが焼け死んだ工場跡地に建てられたため、今でも不可解な現象が起こり続けていた。事故に遭い病院に担ぎ込まれた芸術家は、病室で少女の霊を目撃する。彼女の出現は病院で起こる数々の悲劇を予兆していた…。スティーヴン・キングが製作総指揮・企画・脚本を務めたサスペンス・ホラー。

過去に「シックス・センス」や「リング」を見て怯えていたことがありましたが、それはあくまでも自分の身に起こるはずの無い恐怖です。しかし、この「ミザリー」には、現実に起こりうる人間の狂気が存在しています。そして、それが現代を生きている人間にとって何よりも恐ろしくて怖い。この映画を見て、スティーブン・キングの作品は度胸試しに見れるものではないということを思い知らされました。 役者の間の取り方、呼吸、すべてがアニーの狂気に溢れた心理を引き立たせており、片時も目が離せません。このアニー役のキャシー・ベイツがこの作品でアカデミー賞を受賞していたということを知ったのはこの映画を見た後だったのですが、まさに迫真の演技です。この女優なしではこの作品を作り上げることは不可能だったでしょう。

アルマゲドンにも出てきた大きな黒人が主人公のように思えますが、アルマゲドンとは全く違う感動のメッセンジャーとなります。誤解と無理解により投獄されても、主人公の善良な性格が生み出したとも言える超能力により、死を迎えつつある人を救うシーンあたりから感動の波が押し寄せます。トムハンクスはどちらかというと脇役的イメージが強くなっていますが、この人の演技なしではこの映画は語ることができません。このような映画に出会えることは幸せだと思います。

音声解説で、スティーヴン・キングがスタンリー・キューブリックと会話したときの事を語っています。  死後の世界について、キューブリックは「そんなもの存在しない!」と断言したそうです。幽霊についても語っていましたが、2人の考え方は非常に対照的です。キングは敢えて批判的な事は直接口にしていませんでしたが、キューブリック版に対するコメントは、とても興味深いです。  根本的にホラー対する価値観が全く違うため、2つの作品がテーマすら変わってしまうのは当然のことだと思います。  スティーヴン・キングのファン、特に「クリープショー」「キャリー」等のホラー、それに加えて「グリーンマイル」「スタンド・バイ・ミー」もお気に召している方は、きっと満足していただけるだろうと思います。 






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク


Copyright © 2006 teraseek
templates Design by Netmania