[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [] []
Loading...

脳血管障害 (のうけっかんしょうがい, Cerebral Vascular Disorder:CVD)、脳血管疾患 (Cerebrovasucular Disease:CVD)
脳梗塞脳出血クモ膜下出血に代表される脳の病気の総称。 他に、もやもや病慢性硬膜下血腫等も脳血管障害に分類される。

 脳血管障害のうち、急激に発症したものは脳血管発作(Cerebrovascular attack:CVA) または脳卒中(Stroke, Apoplexy)と呼ばれる。俗に言う、「当たった。」という状態である。(「中」を「あたる」とも読む。例:「中風」=「風にあたる」) 個々の疾患については、各々を参照の事。

発症機序

 上記の疾患に共通するのは、脳を栄養する頭蓋内の血管(血流)に異常が発生し、出血による炎症・圧排または虚血による脳組織の障害により発症する事である。

危険因子

 虚血性疾患においては動脈硬化が最大の危険因子であり、動脈硬化の原因としては、高血圧症高脂血症糖尿病、喫煙が挙げられる。出血については各病態で異なり、脳内出血では高血圧が、くも膜下出血では脳動脈瘤(aneurysm)・脳動静脈奇形(AVM)が大きな要因となる。 食文化の欧米化とともに罹患率は上昇しており、予防、再発防止、リハビリテーションとも大きな課題となっている。



脳梗塞(のうこうそく、cerebral infarction)

別名「脳軟化症」ともいわれる。 を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺意識障害失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、緩徐に進行して痴呆(脳血管性痴呆)などの形をとるものもある。

日本人の死亡原因の中でも多くを占めている高頻度な疾患である上、後遺症を残して介護が必要となることが多く福祉の面でも大きな課題を伴う疾患である。



実際に家族が脳出血で倒れ、生死の境を彷徨っていた時に手に取った本です。病院の控え室で、病状に一喜一憂しながら読みました。 内容は非常にバランスの良い構成となっています。リハビリテーションの理論、現場、実例の紹介に加えて、専門病院の選び方まで記載されており、脳血管疾患後のリハビリについての総合的な知識と情報を得ることが可能です。 本書によって実際の治療方針の理解度が向上し、リハビリテーション専門病院選択の参考にもなりました。 医学系新書の鑑のような書籍であると思います。

脳梗塞は誰にでも、ときとして "突然" やってきます。私はかみさんの父が脳梗塞で倒れてこのことを実感しました。倒れる数日前からの少しおかしな様子のことなど、事前にこの本を読んでいれば・・・と悔やまれてなりません。 あなたの身近な人 あるいはあなた自身に降りかかるかもしれない脳梗塞、しっかりとした予防知識を得るためにも、そして不幸にも倒れてしまったときの実用知識としても ぜひ読んでおきたい1冊です。

患者の立場から生前の記録を残した書物は数多くあるが,脳卒中の体験記は非常に少ないという。脳卒中の患者はこん睡に陥ったり,生き返ったりしたとしても重大な障害を残して,初期の記憶が薄れてしまうからだ。そうした意味でとても貴重だ。しかも,あの世とこの世の境をさまよった体験記,自分のことなのだから,自分で治すという強い意志によって取り組んだリハビリ闘病記,医者の立場としての専門的かつ客観的な記録。脳卒中専門の医師や看護婦ばかりでなく,脳卒中の可能性をもつ私達にも示唆に富んでいる。

脳ドック受診で動脈瘤発見。開頭すべきか、否か。あなたならどうする? 脳ドックでの動脈瘤発見から開頭手術、術後経過まで、新聞記者が自ら体験した一部始終を完全ルポ。脳ドック選びのポイントや全国脳ドックリストも収録。

脳血管疾患はいつ誰に起きるか分からず、あるいはもう進行しているのかも知れず、ひとごとではない。それがまず、この本に引き込まれる動機付けである。手に取ったら、一気に読み了えてしまった。  著者は脳神経外科医。脳手術に臨む医師たちの心理や葛藤、患者本人や家族の気持ちの推移が、ドキュメンタリータッチで描かれる。台詞が上手に活かされていて、専門用語もそんなに気にならず、素人にも読みやすい。

脳卒中という病気は、或る日突然おそってくる。その時、程度の差こそあれ、必ず後遺症が残る。それを治すためには、いかに早く(一ヶ月、三ヶ月)正しいリハビリをやるかが勝負。明日は我が身の病気である。脳卒中の予防法と倒れた時の正しいリハビリ法を知っているか否かでその人の人生の明暗が分かれる。脳卒中予備軍の人も、是非読んでほしい。

看護の専門書らしく、わかりやすい言葉で書かれている印象です。なかなか、リハビリテーション看護の本は少ないのではと感じますが、その中で症状の中の失行なども、だらだらと専門的に書かれるよりも、わかりやすく書かれています。また、手術の方法等ものっています。ROMエクササイズの方法等訓練内容も載っていますが、リハの専門職の方となると、他の専門書と組み合わせたほうがよいでしょう。

脳梗塞、心筋梗塞は、ともに血管が詰まってしまって起こる病気。この予防には、血液がサラサラと流れる健康な状態にしておくことが大切。本書では、血液サラサラに効果のある魚と野菜を中心とした、バランスのよい献立を用意。それぞれの食品の血液サラサラ効果を点数化し、「どんな食品を」「どのくらい」「どうやって」食べたらよいかをわかりやすく紹介している。

突然私たちを襲う脳卒中。その魔の手から逃れるには、どうすればよいか。著書は20年かけて秋田県の脳卒中患者を激減させた。その経験から、日常生活にひそむ危険因子を、どうとりのぞくか丁寧に解きあかす。また、不幸にして脳卒中で倒れてしまったときには、「リハビリテーションの考え方と進め方」が力強い指針となる。
突然発症する上、後遺症も残りやすい脳卒中。疾病・障害、そしてそれらによる不安とともに自宅で生活する患者と家族を支える医療・福祉関係者が、実際に現場で行動するための最初の一歩を記したガイドブック。

自身も2度の大きな脳卒中から100パーセントの回復を果たしたデヴィッド・M・ハインズは、有能なストレス管理コンサルタントをしていた頃のテクニックを駆使して、親身で実際的な、段階を踏んだ回復プランを創り上げた。本書は脳卒中から回復中のあらゆる人にとって―そしてその介護をする人にとっても―よりよい未来への意欲を喚起する命綱であり、新しい状況への適応を手助けしてくれるものである。
「隠れ脳梗塞」は、いわば皮膚のシワやシミのようなもので、加齢によって誰にでも起こりうる脳の老化現象です。四〇代では三人に一人、五十代では二人に一人、そして六〇代ではなんと八割以上に「隠れ脳梗塞」が起きています。一見、元気そうに見える人でも、小さな脳梗塞が起きていることが意外に多いのです。
 脳梗塞(脳出血ではありません)について知りたい人にはオススメです。  内容も、EBM(科学的根拠に基づく治療)のガイドラインによった記述に基づいているので信頼性もあります。    脳梗塞の急性期からリハビリテーション、予防と懇切丁寧に説明されている一冊なので興味深く読み終えることができるはずです。
脳卒中とうまくつき合い、再発を予防しながらゆとりある生活をするためのガイド。言語障害・嚥下障害への具体的な対応、新しい介護保険制度の活用など、実際に役立つ知識と情報をわかりやすく解説。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク