[目次]
[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

アトピー性皮膚炎 (英語:atopic dermatitis) とは、皮膚炎症のうち、アレルギー反応と関連があるもの。先天性の過敏症の一種。アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語から由来。医学用語としては喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

アトピーの初期症状は軽く見過ごされがちであるが、対処を間違えて症状を悪化させる可能性もあり注意が必要である。専門医による適切な治療を受けることが何よりも大切だと言える。

概要

アトピー性皮膚炎は、アレルギー喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質の素因の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられている。患者の約8割は5歳までの幼児期に発症する。従来学童期に自然治癒すると考えられていたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加している。これについては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする声が多いが、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見もある。

アトピー発症のメカニズム

その発症メカニズムは蕁麻疹のような即時型アレルギーに近いとされている。即時型アレルギーは肥満細胞の表面に付着している免疫グロブリンの一つである「IgE抗体」が抗原と結びつき、抗原抗体反応を起こすことによって発症する。アトピー性皮膚炎を起こす人は、もともとこの「IgE抗体」をつくりやすい体質であるといえる。また、顆粒球の一種であり、肥満細胞と共にアレルギーの応答に関与する好酸球の比率が高いのも特徴である。

ただし血中IgE濃度と症状の相関係数はあまり高くなく、IgEの低い重症患者もいるため、実際には遅延型アレルギーなどのさまざまなメカニズムが関与すると考えられる。皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー素因を多くの患者がもつが、これは炎症の結果ではなく、独立した要素であると考えられている。家族暦が影響し、かつ遺伝子の解析により、マスト細胞、好酸球にIgE抗体を結合させるレセプターや、サイトカインのうちアレルギーの炎症に関与するものの遺伝子が集中している遺伝子座がアレルギーと関連していることが明らかになっている。従って遺伝的な体質が発症リスクにかかわると予想されているが、いわゆる遺伝病のように特定の遺伝子が発症の有無を決定的に左右することはなく、また発展途上国に少なく近代化に従って数十年単位で患者数が増加することは遺伝的要因だけでは説明できない。複数の遺伝子の影響に、環境的要因も関与した複雑な原因を持つと考えられる。

皮膚炎の症状

  • 乳児期にはアトピー性皮膚炎と確定診断しない医師が多いが、その炎症は頭部に始まり、次第に顔面に及ぶ。そして体幹、手足に下降状に広がる
  • 幼児期-学童期には、関節の内側を中心に発症し、耳介の下部が裂けるような症状(耳切れ)を呈する
  • 思春期以後は、広範囲にわたり乾いた慢性湿疹の症状を呈する
  • 眉毛の外側が薄くなる(ヘルトゲ兆候)
  • 発赤した皮膚をなぞると、しばらくしてなぞったあとが白くなる(白色皮膚描記)
  • 乾燥して表面が白い粉を吹いたようになり、強い痒みを伴う
  • 赤い湿疹、結節などができ、激しい痒みを伴う
  • 湿潤した局面から組織液が浸出することがある
  • 慢性化すると、鳥肌だったようにザラザラしたものができ、皮膚が次第に厚くなる
  • しこりのあるイボ状の痒疹ができることがあり、この場合難治性である

アトピーの日常生活の注意

  • 皮膚はいつでも清潔に保つ。
  • 皮膚の保湿をおこない、乾燥させない。
  • 爪は短く切り、皮膚を傷つけないようにする。
  • 適温・適湿の環境を心がける。
  • 刺激の少ない衣類を着る。
  • 汗をかいたらこまめに着替えるようにする。
  • 室内を清潔に保つ。

治療

アレルギー症状を根本治療する方法はなく、基本的には、ステロイドや抗ヒスタミン剤などの薬物による対処療法で「かゆみ→掻爬→悪化」の悪循環を断ちきり、症状を緩和することを目標とする。皮膚科などで一般に支持されているものを以下に紹介する。

アレルゲンの除去

ダニ」・「ハウスダスト」がアレルゲンとなっている場合が多く、実際に他の疾患の治療でホコリのない無菌室に入った際に劇的に改善することは良く知られている。部屋のホコリ掃除や換気をこまめに行い、寝具を日光に干す頻度を増やす。多くの患者では多種類のアレルゲンが関与し、また完全にダニなどを除去することも難しいため必ずしも効果があるとは限らないが、著効例も報告されている。

愛玩動物の皮屑も主要なアレルゲンの一つであり、さらに飼育管理によってはダニの原因にもなっているため、基本的には飼わないのが無難である。ただし心情的に動物を手放すのが難しい場合もあり、患者の家族環境の問題でもあるため、慎重な態度をとる医師も多い。段階的に、まず医療機関でRAST法などの血液検査を行い、患者のアトピーのアレルゲンの因子となっているかを調べ、また実際に飼育している動物との接触で症状が悪化するか、原因であることを確定してはじめて除去を行うという指導もある。なお、新生児を6歳まで追跡調査した結果、飼育動物の有無は、アトピーの発症率に影響しなかったという報告があり、アレルギーの発症そのものには影響を及ぼさないと考えられる。

保湿剤

アトピー性皮膚炎患者の皮膚は、明確な病変部位外にも、乾燥した特異な性状を示すことがある。乾燥部位からは皮脂やセラミドが失われ、外部からアレルゲンの侵入を容易にしていると考えられている。また痒みの一因ともなり皮膚の回復が妨げられている場合が多い為、ワセリン等の保湿剤も合わせて用いられることも多い。また油分だけでなく、適度に水分を含んだクリーム状の保湿剤が用いられることもある。

強い乾燥を感じていなくても、保湿剤を使うことにより劇的に改善することもあるため、保湿剤の使用は重要である。ただし患者の敏感な皮膚は製品によっては接触性皮膚炎を起こすこともあり、使用感がよく、かぶれを起こさない製品を選択することが重要である。

その他、補助的に以下のことを医師から指導されることもある。

食事制限

卵や牛乳・小麦粉などがアレルゲンとなっている場合は、その因子をのぞいた「除去食」の献立を検討する。一時期には厳密な食事制限が実施され、幼児の一部に成長障害が起きることがあったため、以前よりは比較的穏やかな方法がとられるようになった。そのため管理栄養士などともよく相談して慎重に行う必要がある(これはアトピーの治療というよりは食物アレルギーの治療であるが、食物アレルギーの際に体内で抗原反応が起き、抗体ができるのを避ける目的がある)。

血液中のIgE抗体が、どのアレルゲンに反応するかを調べるRAST法では、総IgEが高い場合、多数種の抗原に対して陽性となる傾向があるが、それは実際の症状と相関しない場合があることがわかっている。食事制限の方針を決める際には、パッチテスト、少量を試験的に摂取するなどの実際のアレルギー反応を見る方法で判断したほうがよい。

その他一般的な注意事項として、魚介類は火を通した状態よりも生のほうがアレルゲンとなりやすいため、生食は避けたほうが無難である。また乳児に対しては、時期尚早な離乳食への移行や、同一の食品を連続して摂取させるなどの、食物アレルギーを誘発する行為は避けるべきである。

石鹸

過剰に皮脂を奪う石鹸は避けたほうがよいが、その一方、十分に皮脂が洗い流されないとかゆみや菌の繁殖によってかえって症状を増悪させる場合もある。皮膚科の専門医によっては、オリーブ石鹸などの無添加かつ低刺激性石鹸の使用を薦める場合があるが、「アトピー患者向け」として推奨されるものや高価な「敏感肌用石鹸」が必ずしもすべての患者に合うわけではない。実際に試すなどして、個個人にあった製品を選択する必要がある。

また一部の進行した症例では頭皮の病変部に真菌が生息していることが報告されており、これにより抗真菌剤を配合したシャンプーを薦める医師もいる。頭皮から上半身にかけての症状は、シャンプーやリンスなどによる接触性皮膚炎である場合もあるため、製品をかえると改善することがある。


今日のおすすめ


もっと詳しい説明

著者は東北大学医学部の皮膚科の教授で、NHKほっとモーニングなどに出演し、一般の人にもなじみの深い皮膚疾患についての啓蒙活動をされている方です。 紫外線の害からアトピーなどのアレルギー性疾患など、分かりやすく説明されています。雑誌などで紹介されている美肌術などを実践する前にちょっと目を通しておきたい本です。

アトピーは作られた難病である。誰が作ったのか。粗雑な報道と悪質なアトピービジネス業者である。悪徳業者の責任はいうまでもないが、いい加減な報道がいかに歪んだ世論を形成し、被害を拡大していくか、その恐ろしさがよく分かる本。本書を読んでもアトピーは完治しないが、誰をどうやって信頼すべきなのかはよく分かるだろう。それは皮膚炎を治すより大切なことなのだ。

アトピーに関する書籍は山ほど出版されているが、意外と科学的データに基づいたものは少ない。著者はまず標準的な治療を正しく行うことで、その殆んどは改善していくと述べている。現代は多様な情報を入手できるが、その真偽を判断しにくい世の中である、この書籍は情報の真偽を冷静に見極めるという意味でも意義深い内容を持っている。

とにかくレシピがたくさん載ってます。 レパートリーの少ない私には大助かり。 料理作る気が起きないときでも ぱらぱら〜っとめくると、あ、いいかもと 思える料理が載ってます。 簡単でおいしくて、健康にもなれるし、 ダイエットもできるというおすすめの本です。

私は地方にすんでいて、子供がアレルギー疾患と解った時は周囲には同じ悩みを抱えるお母さんが全くいませんでした。2年間1人ぼっちで戦いました。そんな私も今は同じ悩みを抱えるお母さんたちと出会い、気持ちも落ち着き前向きに取り組める様になりました。そんな状況があり、この本を読んでとても共感できました。またアレルギー対応の原材料について詳しく知りませんでしたのでとても参考になりました。レシピを参考に調理実習もしています。安価で良い本だと思います。

土佐清水病院の丹羽院長が考えるアトピーの原因、そして独自の治療方法が解り易く書いてあります。アトピーの症状による、重症度の判別方法や、薬の副作用、治すための食生活および生活習慣などが細かに記述されていますので、土佐清水病院の受診を考慮されている方や、アトピーででお悩みの方は一度読まれると良いと思います。

この本を読んでいると、 「よし、私もがんばってアトピーと向き合っていこう!」 という気持ちになるのはなぜでしょうか(?)。きっと、この本を書かれたかたの語り口調や文章が、やさしい感じがするからだと私はおもいました。この本を読むことで私のアトピーが完全に治ったわけではないのですが、すごく勇気づけられました。 アトピーに悩まされているけど、まずなにをしたらいいかがわからない」 というかたは、(ぜひ)まずこの本を読んでみてください。きっと良い方向に向かっていくとおもいます。

アレルゲンを除去することを勧める医師の下で、卵除去食と抗アレルギー剤の服用を試しましたが完治せず、他の医師を尋ねたところ、ステロイドの薬を処方されました。その上、前の医師の方法はかなり厳しく否定されました。 前の医師が小児科医、後者が皮膚科医だったことには本を読んでから気が付きました。事前にこれらの本を読んでから医師の元を訪れていれば、もう少し混乱せずに済んだかも知れません。 子どものアトピー治療に取り組んでいらっしゃる方には、一読をお勧めいたします。

50種類以上の代替療法について、どんなことをするか、なぜ効くか、どういう背景で療法が誕生したか、診療費はいくらか、など、端的で具体的な紹介がまとまっています。また、全国80件以上のクリニックが掲載されていて、それぞれの先生方の治療方針を読むだけでも「日本の医療も捨てたもんじゃない!」という気になります。西洋医学の大病院にありがちな“3時間待ちの3分診療”に不満を感じている人や、代替療法を幅広く具体的に知りたい人にはオススメです。
断食といえば甲田光雄先生です。本断食は危険性があるようです。半断食をお勧めします。私も体が重く感じたとき、朝食・昼食抜きで夕食は玄米食を100回咀嚼する半断食をたまに試みます。3日後の捕食の美味しさは、食べ物に対しての「ありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいになります。断食は健康に対しての諸刃の剣ですので、本書を参考にして実行することをお勧めします。

「水道水の塩素がアトピーの根本原因」というのが趣旨。毒物である塩素が皮膚を守っている善玉細菌を殺してしまうことで細菌の繁殖を許してしまうのではないか、という仮説を立てている。日本は世界の中でも水道水中の塩素濃度の特に高い国で、ヨーロッパなどでは塩素は毒物なので入れてない、という事実にはショックを受けた。
アトピーの本はこれでもかというくらい色々出版されていますが、どれもお医者さんだったり、健康食品の取り扱い者だったりで、患者側からの気持ちが綴られているものは殆どなかったような気がします。私もアトピーに悩まされていますが、周りには中々本当の辛さを伝えることが出来ないし、わざわざ伝えようともしません。でも、この本を周りの家族、友人に読んでもらえれば、少しは理解してもらえるかなぁと思いました。私も主人に読んでもらい、気持ちが楽になりました。 軽い気持ち!で一気に読める本です。
娘がアトピーっぽくなりどうしようか本当に迷っていた時に読みました。 読んで目からウロコが落ちました。こういうこと書いてある本は無かった。 どの本もお医者さんが書いている本だから、読めば読むほど 病院に行くのをためらってしまいました。 連れて行かないからって、状況が好転するわけではないのにね…。 この本読んで、娘をアトピー科に連れて行く気になりました。 「私が主治医だ!」のところは何度も何度も読み返しました。 子どもがアトピーかもしれないと悩んでいる人、ぜひ読んでみてください。
母乳については要点を押さえてあります。著者が現役の小児科医であること、そして2001年発行であることから内容はとてもわかりやすくかつ信頼できるものだと思いました。私のオススメはアレルギーに関する記述です。私はこの本を読んでアレルギーについてとてもよく理解できました。



Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク